HOME > 坐骨神経痛 

●編集スタッフより一言

スタッフ

お尻の裏側〜太腿の裏側。そして膝から足先へ。徐々に伸びていく足の痺れは「坐骨神経痛」の可能性が高いです。主に腰痛や椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,すべり症といった腰の疾患から引き起こされるケースが多いです。最初は鈍痛なので我慢してしまいがちですが、徐々に下へと伸びてきたら近くの病院で診察を受けるようにしましょう。

●坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛

お尻裏側〜太腿〜足先に走る痺れ

坐骨神経痛

「坐骨神経の圧迫」によって発生する臀部(お尻)から足先にかけての強い痺れ,または鈍痛。一見すると椎間板ヘルニアに近い症状を見せるのがこの坐骨神経痛です。発症するのは若い世代から年配の方まで様々ですが、その原因は異なっている場合が多いようです。

世代によって発症の原因が異なる

若年層の場合は「椎間板ヘルニア」から併発するものが多く、年配の方の場合は「脊椎すべり症」や「脊椎分離症」から併発する事が多いです。鈍痛の場合は歩く際に少し痛みを感じる程度で済みますが、症状が悪化してくると痺れの範囲がお尻から足先へと拡大し、更には背中を反る事ができなくなる場合もありますので、油断は禁物です。

坐骨神経痛は病名ではなく症状の名称

坐骨神経痛は「病名」ではありません。「症状名」です。つまり、坐骨神経痛とはそれ単体で発症するものではなく、必ずその「原因」となる他の「病気」が存在しています。ですので、坐骨神経痛の治療にはまずその原因となっている「病気」を見極めて対処をする必要があります。

坐骨神経痛を引き起こす腰の病気

  • ぎっくり腰(急性腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊椎管狭窄症
  • 脊椎すべり症
  • 脊椎分離症
  • 変形性腰椎症,腰部椎間板症
  • 梨状筋症候群
  • 脊椎腫瘍
  • 骨盤内腫瘍

坐骨神経痛を引き起こす主な腰の病気は上記のものとなります。もちろん、他にも色々な症例が考えられますので、上記に限るというものではありません。

▲トップへ

●坐骨神経とは?

坐骨神経とは最も太い末梢神経のこと

坐骨神経とは背中を走る中枢神経の「脊髄神経」から走る抹消神経の一つです。この坐骨神経は主にお尻周辺に走る神経の集合体「仙骨神経叢」からお尻裏側〜太腿裏側へと連なる「最も長く、太い末梢神経」であり、更に皮膚表面にとても近い位置を走っている神経です。

坐骨神経の通り道

坐骨神経は梨状筋の前→下殿神経・大坐骨孔 →骨盤外へ出て大腿後面 →大腿屈筋群・大内伝転筋へと枝分かれして膝の裏を通り踵へと伸びていき、その長さは約1mにも及びます。

坐骨神経痛は圧迫の程度で大きく症状が変化する

坐骨神経痛はお尻裏側から足先に走る坐骨神経に沿って走る神経痛です。そしてその神経痛の度合いは坐骨神経の圧迫の度合いによって変化します。ですので、坐骨神経痛の症状は初期はお尻裏側,中期は太腿裏側〜膝,そして末期は足先までと痺れの範囲が広がっていきます。

▲トップへ

●坐骨神経痛の症状

症状

お尻裏側の強い痺れが坐骨神経痛の特徴

  • 臀部(お尻)裏側の痺れ(初期)
  • 太腿裏側の痺れ(中前期)
  • 膝裏の痺れ(中後期)
  • 足先への痺れ(末期)
  • 痺れによる歩行困難(定期的な休憩が必須に)
  • 痺れによる起立困難(立とうとすると痺れが走る)
  • 痺れによる集中力,注意力の散漫

坐骨神経痛の症状は神経圧迫の度合いによって徐々に症状が下へと向かいます。臀部(お尻裏側)〜太腿裏側までの痺れであれば生活にそれ程大きな支障はきたしませんが、膝裏〜足先へと広がってきた場合、日常生活に支障をきたすようになりますので、なるべく太腿裏側への痛みが走り出した時には専門家の診察を受けて対処しましょう。

※勿論、痺れを自覚した時点ですぐに診察を受ける事に越したことはありません。

放置は危険な坐骨神経痛

坐骨神経痛は症状にあわせてその痺れの度合いと範囲が広がる「進行性の神経痛」です。その症状は上記の通り、臀部〜太腿〜膝〜足先へと徐々に下へと広がっていきますが、それはあくまで「神経痛」の話です。坐骨神経痛の怖いところはそれ以外の影響にあります。

坐骨神経には「知覚・運動・自律」の各神経が走っており、当然それらはまとめて圧迫されます。痛み,痺れは「知覚」部分の圧迫といえますが、「運動」神経の圧迫によって、徐々に運動障害が起こります。「いつも通り歩いているのに足がもつれる,躓くことが多くなった。」という場合は運動障害が起きている可能性があります。つまり、足の筋肉に脳からの命令がしっかり伝わらず、頭はいつも通りの運動をイメージし、足はその半分の運動しかしていないという「司令部と現場のすれ違い」です。その一例が排尿障害です。この運動機能の障害が続くと今度は筋肉の衰えへと繋がっていきます。

▲トップへ

●坐骨神経痛の対処

推奨プラン

腰痛治療ナビの推奨対処プラン

/搬里瞭阿を確認する or  安静にしておく

坐骨神経痛は単独で起こる「病気」ではありません。あくまで何かしらの原因とともに発症する「症状」です。つまり、坐骨神経痛が発症したということはその「原因」となる病気を身体は引き起こしているという事です。そしてそれを治さない限り、坐骨神経痛も治まらないということです。そこで必要なのは坐骨神経痛はどういった姿勢を取ったら発症するのかという事です。腰を曲げた瞬間なのか、腰を反った瞬間なのか、歩いた際の足の着地の瞬間なのか、等など、その神経痛が発生する条件によって原因となっている疾患を絞り込むのが容易になります。勿論、痛みや痺れが激しいときにはそういった事はせず、安静にすることが絶対ですが、痛みがそれ程厳しくない場合は状況を確認しておきましょう。

△戻る


∪賁膕箸凌濃,鮗けましょう

専門家の診察を受け、坐骨神経痛を引き起こしている原因となる疾患を見極めましょう。「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」「腰椎分離症」などの色々な可能性が考えられますが、それぞれに適した治療法がありますのでまずは原因疾患の確定が急務となります。先生にどういった姿勢,動きに痺れが連動して起こるのかをしっかりと伝えた上で診断を待ちましょう。大体の場合はレントゲンによる検査、場合によってはMRIやCTによる検査が入る場合があります。

原因疾患がわかれば治療法を模索

坐骨神経痛を起こしている原因疾患がわかれば、西洋医学,東洋医学,民間療法と様々な選択肢の中から、今の自分の症状に最も適した治療法を見つけ、治療を開始しましょう。それぞれの治療法には一長一短があり、どれが良い悪いというのは個人的なものになります。ですので、かかりつけの先生を含め、色んな人に相談をした上で、納得のいく治療先を選びましょう。

坐骨神経痛に効果的と言われる施術法

  • \扱然芦
  • ▲イロプラクティック
  • o灸
  • だ楾
  • ダ姐
  • Εステオパシー
  • 無痛整体/イネイト療法

民間療法は保険がNGなので要注意

カイロプラクティック」「整体」などは日本ではまだ「医療行為」として認められていない「民間療法」となりますので、健康保険が利かず、全額自費出費となってしまいます。坐骨神経痛の処置等は通院の必要があるため、最低でも4〜5回は通う必要があり、決して安価といえる金額ではありません。もしも、民間療法を受診するつもりの場合はある程度の費用の概算もしておいた方が良いでしょう。

健康保険の適用/適用不可一覧
整形外科 カイロプラクティック 整体 接骨 整骨 鍼灸 PLDD
× × ×
オステオパシー AK/AKA キネシオロジー
×

※1:「鍼灸」「接骨」における保険適用は「一部症例適用」となり、諸手続きが必要となりますので事前に先生に確認を取るようにしてください。

※2:「キネシオロジー」「AK/AKA」等は症状に対するアプローチの技術体系であり、それ自体を専門で施術する治療院は殆どありません。カイロで施術された場合は保険適用は×になり、接骨で施術され、かつ条件を満たす症例の治療過程であれば保険適用は「○」となります。

※3:本サイトにおける「接骨」と「整骨」の差異は「柔道整復師」の資格を有しているか否かで差別化をしています。(「接骨院」とは柔道整復師が施術をする治療院という基準が存在する為。)しかし、実際は屋号は「整骨」であっても、柔道整復師の資格を有し保険適用の可能な整骨院も存在している為「△」としています。

⇒全国の治療院検索はこちら

△戻る


治療後にはしっかりリハビリで再発防止

坐骨神経痛の症状も一通り抑える事ができたら、今度は予防の為のトレーニングをしっかり行い、もう二度と坐骨神経痛が起こらないように身体を鍛えましょう。原因疾患が何であれ、「正しい姿勢で、しっかりと全身の筋肉を使う」事が何よりも坐骨神経痛の予防になります。ですので適度な運動を毎日心がけ、全身の筋肉にバランスの良い負荷を常日頃から与えるようにしましょう。

腰〜臀部の筋肉強化が重要

坐骨神経痛の場合は腰周辺筋肉の機能不全に影響を受けた臀部筋肉のコリが原因となる場合が多く、腰周辺の筋肉の強化と、臀部周辺の筋肉をしっかり強化する事が必要とされます。腰周辺筋としては「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹直筋」など、臀部では「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」あたりの筋肉をしっかり強化する事が大切です。

△戻る


<<そけいヘルニアの種類に戻る次は坐骨神経痛の原因について>>

▼TOPへ