wordpress wp_enqueue_script » koshinavi.net

WordPressにJavaScriptを読み込むwp_enqueue_scriptの使い方.

WordPressでは、wp_enqueue_script関数を利用してJavaScriptファイルを読み込む必要があります。そのままURLを記述して読み込んでしまうと、プラグインを利用する際に他のスクリプトとコンフリクトを起こしてしまう恐れがあるからです。. WordPressで使用するスクリプトファイルをキューに追加します。すでにwp_register_scriptで登録している場合は、ハンドル名を渡すだけでキューへ追加されます。. wp_enqueue_scriptの設置場所はfunctions.phpですが、読み込んでから出力されるスクリプトの出力設置場所がWordPressテーマのhead内かbody内のどちらかの場所に設置するかによってwp_enqueue_scriptで読み込む書き方が少し. メールマガジンではWordPressのおもしろい使い方を紹介しています。またユーザー限定ページとも連動しているので、そちらも自由に観覧できるようになります。 登録フォーム.

WordPressで、wp_enqueue_scriptでJavaScriptファイルを呼び出しているけど、普通に書くとwp_head内に読み込まれます。でも、JavaScriptは下部に置いた方が表示スピードに与える影響も減らせるらしいから、フッターに呼び出したい. << 前の記事 wp_register_styleとwp_enqueue_styleの使い方とその違いとは 次の記事 >> Bloggerのモバイル設定のURLをWordPressでも使う方法. 誤った方法で行っている方を多く見かけますので説明します。 読み込むエリアにあわせて適切なフックを使用する wp_enqueue_scripts – サイト公開側に読み込む場合に使用するフックです。 login_enqueue_scripts – ログイン画面に読み込む場合に使用するフックです。.

ただしJavaScriptの処理が大きくなって来た場合にはJSファイルとして分離し、wp_enqueue_scriptで登録すると見通しが良いです。 wp_enqueue 系関数を使って読み込ませる方法 WordPressの標準関数、wp_enqueue_scriptで読み込ま. WordPressのプラグインやテーマの開発にしばらく携わると、テーマのパフォーマンスや発生が予想される課題の解決方法を考えるようになります。課題の1つとして、スクリプトやスタイルのエンキューがあります。この記事ではスクリプトのエンキューの基本、実用的でベストな方法を紹介します。. WordPressでのダメなjQuery関数の囲み方4パターンと対策講座 スタッフブログ 株式会社クーネルワークは新潟市西区の総合WEBマーケティング会社です。WordPressを使用したホームページ制作を中心に、WEB戦略立案から、デザイン・システム開発、インターネット広告運用や解析までサポート可能. wp_enqueue_script関数の説明(WordPress Codex日本語版URL) まとめ これでテーマとプラグインのどちらでもJavaScriptファイルは読み込めますが、メンテナンス性を考えると、利用している子テーマで修正するほうがいいかもしれませ.

wp_enqueue_script関数 wp_enqueue_script関数は、使用するスクリプトをあらかじめ予約しておく(キューに入れる)関数です。 WordPressは、テンプレートファイル内のwp_head関数の箇所で、キューに入れたスクリプトをロードする